2007年12月20日

GSPlayer導入

これまで音楽関係はTCPMPを使っていました。
理由は、AACが使えるから。
iTunesでリッピングした楽曲を転送して聞くのにこれしかないと思いこんでいたのでした。

今日、useWillcomの書き込みを見て、MortPlayerにちょっとだけ興味を覚えました。iPodみたいなスキンを使うって話だったんですが。

調べているうちに、MortPlayerでは、GSPlayerのAACプラグインが使えるという記述を発見し、GSPlayerを再度見に行って、その存在に気がつきました。

いままで、GSPlayerではAAC使えないとばかり思いこんでいたのです。

んで、うちに帰ってGSPlayerを早速インストール。なかなかいい。
TCPMPだとソフトキーで操作できないのが不便だったんだけど、音楽だけとはいえその不便さが解消できました。

GreenSoftwareさんに感謝!
今まで、gsGetFile.dllだけ使ってるとか、失礼なことを書いていて、ごめんなさい!(←自覚はあったらしい)

MortPlayer?え?なにそれ?w


posted by Jiro at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8637806
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック