2011年07月31日

Jota+ 0.1.11+1

Jota+、という名前でJota Text Editorの開発版をリリースしていくことにしました。

で、初回は環境の構築も兼ねて軽めのネタで。


[2011/07/31 0.1.11+1]
CTRLキー併用ショートカットをIMEの後で処理するように変更しました。LifeTouch NOTEのATOKで、CTRL-Hのキーバインドを共存させるのが目的です。


以前にもご指摘頂いたことがあるのですが、Marketのレビュー欄でさらに長々とコメント頂いたのもあって、頭をひねってみました。

ATOKショートカットとの相性が?

by Taka– 2011/07/24

LifeTouch NOTEで使っています。機能的にはほぼベスト。が、デフォルトのCtrl+ショートカットと、ATOKのショートカットがバッティングしているのがつらい。Ctrl+HがJotaではバックスぺース、ATOKだと変換取り消しなのですが、そのままではATOK側がキャンセルされてしまいます。日本語変換中はATOK優先で、確定後はJota側のショートカットに切り替わるなんてことができれば、星6つ付けられるくらいに最高なのですが。

で、まあ、ちゃんと考えてみると簡単な話で、ctrlキーの処理とaltキーの処理を分離すればいいだけなのでした。

対応方法はちょっと前から思いついていたんですが、動作確認が出来ていないのと下手すると致命傷になりかねないレベルの修正ということで、なかなか本線に入れられませんでした。どのみち、メモリやらアウトラインやらの関連で開発版が必要になるのは分かっていたので、この機会に入れてみることにしました。動作確認のレポートが来たら、本線に入れます。

で、これ以降は、JotaメインラインはStable版とし、軽微な修正・機能追加のみを行っていきます。新機能の追加や微妙なバグ修正は、Jota+で進めていきます。

 

#それはそれとして、どっかに安いHoneycombタブレット転がってないかなあ。

 

[2011/07/31 21:00追記]

Jota+に以下のレビューを頂いたので、来週にでもメインラインにマージします。ありがとうございました。

投稿者: Taka(2011年7月31日)

LifeTouch NOTE で使用。すばらしい!AtokのctrlショートカットとJota本体のショートカットが見事に共存できています。対応の早さも含めて満点!

posted by Jiro at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Android
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47049973
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック